So-net無料ブログ作成

一乃湯 三重県伊賀市

前回に引き続き住宅関連の仕事で伊賀市に来ています。
上野市駅近辺に宿泊しているのですが、古い町並みとセンス良く改修された建築が美しい町並み。
IMG_8855.jpg
IMG_8859.jpg


映画のセットかと思えるようなリアルヴィンテージ
IMG_8858.jpg

駅周辺にコンビニが無いのが美しい景観の原因かもしれません。
いまだ都心部にコンビニが乱立する理由がわかりませんが、無ければ無いで済んでしまうので、どうにかならないのかな?と密かに思っております。
IMG_8856.jpg


そんな美しい町並みにひときわ目立つ存在が..
IMG_8863.jpg

大正15年に建造され、昭和25年より営業している「一乃湯」
内観も昭和テイスト満載の心満たされる空間です。
岡本太郎大好きなわたしは「太陽の塔」との予期せぬ再会に感激です。
(許可を得て撮影しました)
IMG_8867.jpg

公衆浴場の料金は東京は470円ですが三重県は70円安い400円で入湯できます。
IMG_8865.jpg


きっとまた来ることでしょう
IMG_8872.jpg

nice!(0) 

徳島

3日前に住宅のカタログ撮影の仕事で徳島に行った時の写真です。
僕は出張でも観光などは一切せず、ほとんどホテルに篭っていることが多いのですが、今回は珍しくスタッフと会食。

IMG_8831のコピー.jpg

真ん中の女性はなんと15年くらい前に徳島大学の学生だった頃、東京のわたしのところにアシスタントとして通っていたすごい女性。。
そして念願叶って上京しカメラマンになりましたが、10年くらい前に徳島に嫁ぎ、間も無く2児の母。

10年くらい振りの再会なのでお互いの時は10年前から止まっていて軽く浦島太郎状態。
時の経つのは早いですね...


IMG_0724.jpg

徳島駅近くのアパホテルの窓からの景色
わざわざ撮るような風景でもない景色が好きです。
ホテルアストリアの外壁のひび割れや補修跡が中々良い感じです。


そしてやはり徳島といえば

IMG_0725.jpg


読んで頂きありがとうございます。
これからはこまめに更新していきたいと思います。
nice!(0) 

13年前

_MG_6775.JPG


13年前に韓国に行った時の写真を載せてみます。





ちょうどドイツW杯の韓国vsフランスの予選の日なので2006年6月18日です。
韓国は結果準優勝のフランスと引き分けで国中が大盛りあがりです。
(ちなみに日本はグループリーグ敗退が決まっていましたので心なしか僕の表情も冴えません..)
_MG_6507.JPG



13年はこのブログも開設していませんでしたので、(もちろん公開するような写真ではないのですが)
この機会に載せておきます。時の経つのは早いですね、丸々と太っています。
IMG_6998.JPG



映画監督のキム・ギドクが大好きで彼の映画で使われたロケ地巡りをした時の写真です。
この写真は「青い門」という映画の主人公の家。
そして何とこの裏手は「悪い男」のラストシーンの象徴的な海辺でした。
IMG_6952.JPG



浦項(ポハン)というソウルから高速鉄道で数時間かかる場所でしたが、一生忘れることのない体験でした。




こちらは地元の女性。僕は英語も韓国語もできませんが、その場のノリでなぜか一緒に撮ることにw
IMG_7098.JPG



それではまた。

nice!(0) 

レース結果

5/26のハーフマラソンの結果が届きました。
2時間8分

あと8分が中々縮まなくちょっと残念でした...

10kmの通過タイムが1時間4分なので、見事前半と後半を変わらないペースで走れたという事は去年と違い、練習で走り込む距離を多くして、スタミナをつけた事が効果的だったのかと思います。

やはりフルでもハーフでも安定したペースで最後まで走り切ることが大切だなと改めて実感。
何より平均したペースはレースを楽しめます。
最初から飛ばし過ぎて後半にバテてしまうレースを何回か経験しましたが、それはただただ辛いだけですから_:(´ཀ`」 ∠):


折角数ヶ月かけてランニング体質とスタミナをつけて来ましたので、ここでの中断はもったいないと思い、10月には少し距離の長いレースにエントリーしました。
また明日から練習に励みます。

読んで頂きありがとうございました。


3B8C42CC-4C67-468F-8C3A-0F23FA8A252D.jpeg
nice!(1) 

U.S7日目 ロサンゼルス→東京

とうとう帰国の日が来てしまいました。。
実は13年くらい旅行らしい旅行には行って無かったので、この上ない刺激的な1週間でした。

何度かは仕事で海外に行くことはありましたが、やはり仕事は仕事。
旅行している気分だけは少しありましたが、仕事での渡航を楽しむ余裕などは殆どありません。

海外旅行などはいつでも行けるさ、などと思っていましたが、実際はいつでも行けない状況だったし、今回は行きたい衝動と仕事のスケジュールが上手く重なり、まさに今しかない!と言う感じでした。

改めて行ってよかったなと、しみじみ思います。
IMG_8734.jpg


「一生のうちにやっておきたい事リスト」の1つ
「アメリカのハイウェイを走る」
が無事叶えられ
IMG_8331.JPG


近年、仕事以外で写真を撮ることも極端に少なくなった私ですが、仕事だとかプライベートだとか、作品だとか、もうそんな事はど一でも良くなりました。
IMG_7854.jpg



アメリカン航空で日本に向かい、現実の世界に戻りますww
IMG_8255.jpg



また行けるように頑張ります!
長々と読んで頂きありがとうございました。
nice!(1) 

U.S 6日目 ロサンゼルス

とうとう翌日(4/8)の早朝には帰国なので実質の最終日となってしまいました..
この写真は2日間通ったメルローズストリートの風景。行きたいと思っていた古着屋やカメラショップが集結していました。

IMG_8219.jpg

どんな記憶も風化は避けられず、これを書いているのが(6/8)なので、帰国後ちょうど2ヶ月経過した訳ですが、すでにディティールがおぼろげになっている部分もあり、克明な感覚が残っているうちに記録しておこうと思います。
しかし忘れることは忘れるし、逆に言えばいつまで経っても覚えていることもある訳です。
都合の悪いことを忘れたり、反対に美化して記憶したりする人間の習性にはあらがうことが出来ませんので、出来るだけ記録的、写実的な記録を心がけ、数年後に自分で読み返した際に写真のディティールからその時の記憶が蘇れば良いな、と言う気持ちで書いております。(丁度このブログも10年経ちました!)

今日もミラーレス一眼は部屋のロッカーにしまったまま外出します。(なので画像は全てiphoneで撮影しています)
メルローズストリートといえば元祖インスタ映えで有名な、コレットミラー氏が描いた壁画を見かけました。
ロスでもインスタスポットとして結構な人だかりでした。
IMG_8217.jpg


オープンと同時にロサンゼルス自動車博物館へ。
IMG_8155.jpg


なんと「日本車ブース」なるものがあり、10台以上の日本車も展示してありました。
僕が小学生の頃、写真で見て以来の童夢零にうっとり。
IMG_8167.jpg

モニュメントバレーでバックトューザフューチャー3のロケ地に行きましたが、なんと偶然にも!
IMG_8184edit.jpg


昨日に続き、SAMY'Sカメラに行ったり、凄く気に入って休憩がてら3回も食事ををしたファーマーズマーケットに行き、2日目にしてロスの空気にかなり馴染めたような気がします。
ファーマーズマーケットは全てのものが美味しかったのでかなりオススメです。
IMG_8208.jpg
https://www.google.com/maps/uv?hl=ja&pb=!1s0x80c2b930558eeb99%3A0x71a9177e9e240546!2m22!2m2!1i80!2i80!3m1!2i20!16m16!1b1!2m2!1m1!1e1!2m2!1m1!1e3!2m2!1m1!1e5!2m2!1m1!1e4!2m2!1m1!1e6!3m1!7e115!4zL21hcHMvcGxhY2UvJUUzJTgzJUFEJUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUJDJUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5KyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBMSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCQSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCMSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OC9AMzQuMDcyOTk3OSwtMTE4LjM2MDAxNjYsM2EsNzV5LDE5NmgsOTB0L2RhdGE9ITNtNCExZTEhM20yITFzSHBjS2Jqekh1X3I5blhaZzM0TkE0dyEyZTAhNG0yITNtMSExczB4ODBjMmI5MzA1NThlZWI5OToweDcxYTkxNzdlOWUyNDA1NDY_c2E9WA!5z44Ot44K144Oz44K844Or44K5IOODleOCoeODvOODnuODvOOCuuODnuODvOOCseODg-ODiCAtIEdvb2dsZSDmpJzntKI!15sCAQ&imagekey=!1e2!2sHpcKbjzHu_r9nXZg34NA4w&sa=X&ved=2ahUKEwj3yLy6oNbiAhVAyosBHRd9ByYQpx8wCnoECA8QCw


道行く人のファッションも凄く勉強になります。かなりロスっぽい男性。
IMG_8216.jpg

ロスの移動はバスが主でした。
丁度先日googleマップの精度が向上し、目的地を入力するだけでバスの遅延状況や混雑具合まで一目瞭然にアナウンスされるようになりましたので、かなり広いロサンゼルスでもGoogleMapがあればへっちゃらでした。
IMG_8146.jpg


交通量の多いロスでは流石に運転したいとは思いませんでした。
東京の方が混雑具合は激しいかもしれませんが、やはり右車線走行の不慣れさと、交差点で目の前の信号が「赤」でも右折して良い。と言うルールが馴染めず、ラスベガスでは何回かクラクションを鳴らされてしまいました......
写真はホテルがあるダウンタウンの駐車料金
15分-2$
と言うことは1時間-900円くらいで東京の都新とほぼ同額ですね。
IMG_8118.jpg


やはりハリウッドがあるロサンゼルスはエンタメやファッションが生まれる街だと実感。
僕も撮影用の衣装など数点購入しました。
IMG_8109.jpg


そうこうしているうちにもう夕方です。気付けば17:00を回ってしまい、脚が棒の様ですw
一日中歩き回ってやっと見つけたロスらしい風景
IMG_8227.jpg


ロスらしい、とはかなり漠然としていますが自分なりに気に入った景色に出会えて良かったです。
くしくもマキナのフィルムは無くなり、デジカメはホテルに置いてありますのでiphoneで撮影します。
むしろ心に刻んでおく風景はiphoneの方が良い様な気さえしてきました。
IMG_8238.jpg


また来ることがあるかどうかはわかりませんが、この辺です。
IMG_8230のコピー.jpg

IMG_8224.jpg


IMG_8233.jpg



ちょっとカワイイ公共物のペインティング。
IMG_8242.jpg
IMG_8240.jpg


それではまた。
nice!(1) 

U.S 5日目 ロサンゼルス

とうとう旅も終盤です。
空港でレンタカーを返却し、ロス行きの飛行機に乗り込みます。
ベガスのマッカラン空港はレンタカー会社6〜7社で一つのビルにまとまっていて、空港からリムジンバスで送迎〜5分程度で到着し、予約済みの書類を見せて本人確認と、車を借りるまでのプロセスがかなりスムーズで無駄のないものでした。さすが観光で成り立っている都市。

ここで5日間1200km以上付き合ってくれた日産sentra君とはお別れです。
アリゾナの砂漠の中で修理するところも無く、車のトラブルだけは絶対に避けたかったので、迷わず日本車を選択しました。もちろんノートラブルで生還。ハイウェイでは少ない排気量ながら頑張ってくれました。ありがとう!


IMG_8106.jpg

レンタカーはHIS新宿で手配しました。
4/2〜4/6の5日間42000円でしたのでかなり格安だったと思います。
ちなみに満タン返却しなくて良いラクラクGPSというプランでした。
IMG_8105のコピー.JPG


ロスに到着し、ホテルまで地下鉄移動します。
ホテルのフロントはこんな感じ。かなりオシャレ。
IMG_8122.jpg

フリーハンドというホテルのドミトリーというか、共同部屋なのですが場所がダウンタウンだけあってやはり価格は高めでした。東京で例えると赤坂か新宿といった感じでしょうか。
https://freehandhotels.com/?utm_source=cendyn&utm_medium=email&utm_campaign=world_pride%2C_you&39;re_gonna_wanna_be_there


屋上はこんな感じ。本当はプールサイドでゴロンとしたかったのですが、買い物の予定を詰め込みすぎて、プールには入れず..
IMG_8131.jpg

屋上からはいかにもLAといった感じの景色
IMG_8127.jpg


ここまでの4日間はきちんと写真を撮ったり、長距離運転したりと、けっこう頑張った感じでしたが、ロスのホテルに来てからロッカーにメインのカメラを預け、これからは買い物と観光に集中しますw
なのでこれからの写真は全てiphone8です。

一番最初に行ったのはLAで最大のカメラ機材店Samy's Camara

IMG_8111.jpg
IMG_8112.jpg

結局2日間とも通うことになるのですがw丁度欲しかったサイズのグリッドが$32.95
ロスは消費税が8,25%なので1$=108円で計算すると¥3,850-の買い物です。
日本でこの手の商品を買うと2〜3万円はするのでかなりお得。

この写真は帰国後に撮影したのものですが、僕のフォトフレックスのバンクライトにサイズもぴったり!
IMG_0271.jpg

Samy's Camaraの側面がオシャレ
IMG_8200.jpg

この日はおそらく10km以上歩いたと思います。
ものすごく疲れてシャワーも浴びずに就寝..
nice!(0) 

U.S 4日目 グランドキャニオン〜ラスベガス

トラブルもなく無事4日目です。
グランドキャニオンの朝は早く、渓谷から昇る日の出を見るために暗い時間から多くの観光客が動き出します。
5時に起床し「マザーポイント」という最も有名なスポットに向かいます。

_dsc3270edit.jpg


晴天ではなかったので見事な!という感じではありませんでしたが、それでも十分見応えのある景色でした。
15分おきくらいで無料バスが巡回していますので有名な展望ポイントを4〜5箇所回ることが出来ました。
どのスポットでも「凄い」という言葉しか出てこない風景ばかり。

_dsc3287edit.jpg

_dsc3298edit.jpg

_dsc3300edit.jpg

三脚も持参しましたので、プラウベルマキナでの撮影の方が多くなります。
普段風景は撮影しない僕ですらひたすら撮り続けてしまいます。
IMG_8081.jpg

スケジュールの都合でどうしてもグランドキャニオンが半日しか滞在出来なかった事が悔やまれますが、モニュメントバレー同様、2日くらいかけてのんびりトレッキングでもしたらさぞかし良いだろうなと思いつつグランドキャニオン国立公園を後にします。

_DSC3312.jpg



ベガスまで200〜300kmの距離を運転ですが、往路のラスベガス〜モニュメントバレー で650kmを走破しておりますので、200kmくらいはへっちゃらになってきました。
そして持参したデジカメ<SONY α7R III>のデータを見てみるとグランドキャニオン国立公園の次に出てきた画像がこちら。
_DSC3353.jpg


200万年前に形成したとも言われる地殻変動の隆起や侵食を見た数時間後、究極のエンターテイメントの街に到着する感覚の不思議さ、これも一つのアメリカの魅力なのかもしれません....

ベラージオホテルのフロントとディスプレイが凄いことになっておりました。
日本庭園風ラスベガス...
IMG_8047.jpgIMG_8029.jpgIMG_8028.jpgIMG_8026.jpg

BDAADE92-2E2D-455E-98A8-ECD7383AE2CA.jpg


そう言えばwi-fi環境ですが、僕はauの「世界データ定額」を利用しました。
アリゾナの砂漠でもモニュメントバレー からミュレーポイントでも全く途切れることなく常に正確なgoogleカーナビになりましたし、街や空港での調べ物でもかなり快適に使用することが出来ましたのでこれで1日980円はお得だと思います。
IMG_7917のコピー.jpg


Las Vegasのスーパー
僕はどこの国に行ってもスーパーマーケットとドラッグストアが気になってしまい、細かく品揃えや価格のチェックをしてしまいます。
IMG_8074.jpg


金曜の夜に人でごった返した街中で三脚を出して撮影していたら死ぬほど疲れてしまい、日本時間でまだpm9:00くらいでしたが、強烈な睡魔に襲われ本日は就寝。
IMG_8086.jpg
nice!(0) 

U.S 3日目 モニュメントバレー〜グランドキャニオン

4/4にモニュメントバレーに到着し、そのままなんとモニュメントバレーに宿泊。
観光に最適化された素晴らしいロッジに感激です。

ビュート直近のロッジに宿泊できますので目覚めるとこの景色が....
_dsc3110edit.jpg

昨日の日没間際のライティングも良かったのですが、朝日を浴びたビュートもまた格別です。
_dsc3117edit.jpg

こんな感じのロッジです。シャワーと暖房完備で25000円くらいでした。
砂漠特有の気候で夜はかなり冷えました。
_dsc3136edit.jpg


インフォメーションセンターとロッジがある公園内にはレストランも併設されており、アメリカ原住民であるナホバ族のこんな感じの料理が中心に供給されます。
_dsc3131edit.jpg


半日に渡ったモニュメントバレーの滞在に後ろ髪を引かれながら更に奥地へ進みます。
理想は2日くらいゆっくりこのモニュメントバレーに泊まっていたかったのですが、中々そうは行きませんw


モニュメントバレーから30分程で有名な「フォレスト・ガンプポイント」を通過します。
バック トュー ザ フューチャー3のロケ地もこの近辺だそうです。
_dsc3144edit.jpg


フォレスト・ガンプポイントは結構な人気で中華系の方を中心に賑わっておりましたので、僕も負けじと..
_dsc3235edit.jpg


ここからはかなりマニアックなポイントになってしまうのですが、岩や大地の造形が何よりも好きな僕にとっては天国のようなエリア。アメリカの原風景とも言われる荒涼とした大地に神秘的にそびえ立つビュートや削られた断崖はいつまで眺めていても飽きることはありません。


モニュメントバレーから40分程度で到着した「グースネック州立公園」
こちらはほぼガイドブックにも掲載されていないので周到にリサーチしておきましたので難なく到着することができました。入場料5$。
ちなみにグースネック州立公園を撮影するためにレンズを新調しています。
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/e-mount/e-10mm/index.html
歪みなしで現段階で最も広角の画角が撮影出来る10mmレンズで撮影した画像はこちらです。
_dsc3160edit.jpg

グースネックの入場チケット
こういうチケット類は結構取っておく派です。IMG_8709.jpg



40分程走行し、更に奥地へ進み「ミュレーポイント」に到着しました。
ここまで来ると「秘境」と言っても過言ではないと思います。
見事に誰もいないミュレーポイント
IMG_8077.JPG



モニュメントバレーを中心とする今回の旅行の主な目的「アリゾナ秘境巡り」は、ここが終着点です。
別の惑星に来たかと勘違いするくらいの景色...
_dsc3202edit.jpg


メキシカンハットの近くで給油した際、停まっていたコカコーラのトレーラー
ガソリンスタンドより大きい..
IMG_7909.jpg


ここからは約400Kmくらい自走してグランドキャニオン国立公園に向かいます。
途中で立ち寄った名も無い(失礼)街。ルート66の発祥の場所らしく町中いたるところでR66のサインを見かけます。道路好きな僕としては興奮気味。
IMG_7998.jpg

IMG_8003.jpg


実はここからは写真が少なくなってしまうのですが、その理由として今回の旅に持参した6×7のフィルムカメラがようやく身体に馴染んで来た事がその理由です。露出やピントなどの操作も頭で考えることなくスッと行えるようになって来たので、ここからは主な撮影はフィルムカメラとなります。
持参したカメラはプラウベルマキナW67
1981製造なので約38年前の個体なのですが、大阪のケイズカメラリペアで蛇腹の交換からシャッター速度とピントの調整、モルトプレーンの交換など各部を念入りに修理、調整していますのですこぶる調子が良いカメラです。
15年くらい前まではフィルムカメラが僕の仕事の主流で、ネガプリントでの納品がほとんどでしたが、当然今は100%デジタルカメラです。
勘を取り戻すのに時間を要しましたが、ここに来て昔の感覚、分かりやすく言うとプレビュー画面で画像を確認せずとも、ほぼ思い通りの明るさと、構図に仕上げる感覚はよみがえりました。
この際なので記録写真はiphoneに任せ、ここぞの撮影はマキナで行います。
IMG_7994.jpg


ルート66の名も無い町で購入したタイトルのフォントがカッコいい雑誌達
1970年代のアメリカの風景が大好きな僕に取っては宝物。
IMG_8708.jpg



グランドキャニオン国立公園のゲート
 1$=108円くらいなので、7日間のフリーパス約3800円
結構厳しめのセキュリティーが行われているようで、管理された公園内は手つかずの自然そのものでした。
IMG_7919.jpg


到着しました!
ナホバポイントより撮影
_dsc3252edit.jpg

ということで3日目も無事終了しました。
読んで頂きありがとうございました。
僕は特にお酒好きではありませんが、モニュメントバレー(ナホバ地区)がアルコール販売禁止ということもあり、U.S初のビールでも飲もうと思い公園内にあるコンビニに行きました。ビールとカップラーメンで本日を締めます。
IMG_7931.jpg
nice!(0) 

U.S 2日目 ラスベガス〜モニュメントバレー

2019 4月3日

早朝のラスベガス。
夜の街の印象しかありませんので、ひと気の無い朝が新鮮。
この日はレンタカーで一気にモニュメントバレーまで移動する道程なので6時に起床し、散歩がてらコンビニまで朝食を購入。

_dsc2968.jpg

前日に空港で借りたNissan Sentra
北米だけの販売の車種ですが、恐らく国内のシルフィーの兄弟車種だと思います。

IMG_8106.jpg



前日に少し運転して右側通行の練習を行ったのですが、やはりU.Sでの運転は緊張の連続。ついうっかり左車線を走行しそうになります。
ハイウェイ15を走行し、一つ目のサービスエリア。


_dsc2987.jpg



SAが大好きです。素敵な空間。

_DSC2978.jpg


300Kmくらい走り、ハイウェウィを降りて一般道を進んだところでアリゾナ州に突入。
カッコいい看板。

IMG_7821.jpg


昼食のメキシカン
_dsc3020.jpg


600kmくらい走行し、過労で意識が遠のく寸前でしたが、目的地少し手前の「カエンタ」という街でもう一つの目的であるKayenta Junior High Schoolのフットボール練習場を撮影。

_dsc3055edit.jpg


ステファン・ショアに続き2回目の聖地巡礼なのですが、この場所は1986年にジョエル・スタンフィールドが撮影した有名な作品の撮影地。33年前とは若干変っていますが、遠方に見えるモニュメントバレーのビュート(残丘)の形が特徴的なのですぐに分かりました。
https://www.moma.org/collection/works/82458

IMG_8698.jpg


さらに1時間程度走行してついにモニュメントバレーに到着しました。
感無量。

_dsc3058.jpg


ビュート(残丘)のふもとを車で巡ることができました。
有名な撮影スポット「ジョン・フォード ポイント」写真だと大きさが分かりずらいかと思いますが、一番大きなビュートで高さ300mあります。
よく見ると写真の下の方に走行中の車が見えます。

_dsc3085.jpg


_dsc3093.jpg

時間を忘れて撮影してしまいます。
IMG_8079.JPG


IMG_7854.jpg



運転と撮影でヘトヘトになりましたが、興奮は冷めやりません。
夜になったらまた素晴らし光景が....

_DSC3102.jpg
nice!(0)